浜本保険は生命保険・自動車保険・損害保険など、全ての保険を取り扱う保険の総合代理店です。

ホーム 会社案内:FD宣言(お客さま本位の業務運営方針)

会社案内Company Information

お客さま本位の業務運営方針(FD宣言)に関する取り組み状況のご報告

2021年取り組みご報告

お客さま本位の業務運営方針(FD宣言)

我々は地域の人々のリスクのホームドクターとしてクスリ(保険)を処方し、地域の人々を守る事が使命である。その為に従業員の物心両面の幸せを追求するとともに、FD宣言をしISO9001に則り定期的見直しを行っていきます。

<方針 1>お客さまの最善の利益の追求
 
  1. ① 顧客の最善の利益とは、様々なリスクからお客さまをお守りするためにお客さまが最適な保険を選択できるようにすることと事故や災害、疾病など万が一の時にお客さまが困窮しないようにすることです。
    そのために、お客さまごとにリスク管理を行い、保険を中心としたコンサルティングサービスを誠実・適切に提供いたします。
  2. ② お客さまに信頼される存在となるよう努め、安定した顧客基盤と収益の確保を目指します。
取組の成果指標 ご加入一覧のメンテナンス件数
取組の成果指標 多種目追加販売件数
<方針 2>利益相反の適切な管理
 
  1. ① 『保険商品のご案内にあたって』を作成し開示することにより、保険会社選定などに関する当社の基本的な方針を明確にいたします。
  2. ② お客さまのご意向を適切に把握し、また保険会社の手数料に左右されることなく、お客さま本位の業務運営となるよう適切に管理いたします。
  3. ③ 保険募集に際して作成する『交渉記録』へ保険会社選定理由等を記録すると共に、内容を点検することにより、利益相反の可能性を把握し管理いたします。
  4. ④ 検証・評価のために、保険会社別、商品別の販売状況のモニタリング調査を実施いたします。
取組の成果指標 保険会社別、商品別の販売状況のモニタリング調査結果
<方針 3>手数料等の明確化
 
    保険会社が提供する各種商品にお客さまが負担する手数料が明示されていないため、当社は「手数料の明確化」を実施しておりません。
    今後、金融業界に環境の変化があれば、取引保険会社と連携して適切な対応をとります。
<方針 4>重要な情報の分かりやすい提供
 
  1. ① お客さまに最適な保険商品を選択していただくために、重要な情報をわかりやすく丁寧にご説明していきます。
    また、保険金が支払われない場合については、誤解を招くことがないよう、特にわかりやすく丁寧な説明を心掛けます。
  2. ② ご説明にあたっては、重要事項の説明書等に加え、図やイラストも掲載されているパンフレットやビジュアル見積書なども活用し、視覚的にもお客さまがご理解しやすい説明を心掛けます。
  3. ③ 新規・更改の面談時には、重要な情報をわかりやすくご提供するために、最低30分の時間をお取りいただけるよう、事前にお客さまへのご協力を依頼します。
  4. ④ お客さまの年齢、属性、ご経験等に留意した上で、わかりやすい情報提供をいたします。
    特にご高齢のお客さまへは、より丁寧にわかりやすい説明を行います。
    そして、損保契約の場合は「ご高齢者対応シート」、生保契約につきましては「意向把握シート」に対応の状況等を記載し、それを確認することにより、万全な対応を期します。
取組の成果指標 30分の時間OKの件数(率)
<方針 5>お客さまにふさわしいサービスの提供
 
  1. ① お客さまとの面談(コミュニケーション)の機会を増やし、お客さまのニーズ・リスクを的確に捉え、それぞれのお客さまにふさわしいサービスを提供します。
    そのために、お客さまご自身とご家族をお守りするための情報を把握させていただきます。
  2. ② 複雑またはリスクの高い生保契約(変額保険・外貨建保険)については、お客さまの職業・年収・資産状況・金融商品購入履歴、更にお客さまのご意向などを把握させていただき、これを当社オリジナル帳票の『 特定保険契約 意向把握・確認シート』へ記載します。
    そして、これを確認することで検証と評価を行います。
  3. ③ 当社独自の事故専任者・生保専任者を配置し、より専門性の高いサービスの提供を行います。
  4. ④ お客さまの環境やライフプランの変化、更に新商品の発売などにより、現在ご加入いただいている保険を最適化すべく、適切なフォローアップを行います。
  5. ⑤ 自動車保険の長期契約については、年齢条件や運転者限定等の毎年の確認や見直しが重要であり、これが保険金の支払の有無に直結する場合もあることから、満期日の応当月に最適化のためのフォローアップを行います。
取組の成果指標 損害アンケート結果
取組の成果指標 生保 契約1年未満の解約・失効率
取組の成果指標 損保 満期更改継続率
<方針 6>従業員に対する適切な動機づけ
 
    法令等を遵守し、お客さま満足を高める保険サービスを継続的に提供できる社内体制を整備し、適宜、見直し改善します。そのため、次のことに取組みます。
  1. ① 本方針を会議・研修の機会に従業員に周知し、監査でその理解度を評価します。
  2. ② 営業職の給与は歩合給ではなく固定給とし、お客さま本位の業務運営を実現し利益相反を防止します。
  3. ③ 従業員評価は、営業実績のみならず、会社方針への取組度、同僚や保険会社との協力関係、コンプライアンスなどの普段の行動特性や資格の取得状況を評価指標とします。
  4. ④ 商品勉強会・ロープレ研修・OJT同行訪問研修を定期的に実施して、知識・スキルの向上を図ります。
  5. ⑤ 役職、職歴に応じた資格の取得を義務付けます。
    また、コンサルティング力に優れた社員を育成強化するため、業界最上位資格の取得を奨励し、取得時の報奨制度を設けます。
  6. ⑥ 定期的に社内点検・監査を実施して、法令等を遵守した業務の実施状況を確認します。
    不具合があった場合は適切に改善を図ります。
取組の成果指標 従業員多面評価の平均点
取組の成果指標 各種研修実施回数および内容の開示
取組の成果指標 各種資格取得者数の開示
取組の成果指標 点検・監査からの改善件数

「顧客本位の業務運営に関する原則」と当社「お客さま本位のFD宣言」の対応関係に係る公表

当社「お客さま本位のFD宣言」について、金融庁の定める「顧客本位の業務運営に関する原則」の原則2~7(これらに付されている(注)含む)に示されている内容との対応関係は、以下の通りです。

参照:金融庁「顧客本位の業務運営に関する原則」
   https://www.fsa.go.jp/news/r2/singi/20210115-1/02.pdf

顧客本位の業務運営に関する原則 当社「お客さま本位のFD宣言」における該当箇所
顧客の最善の利益の
追求
原則2 方針1-①  
注1 方針1-②  
利益相反の適切な管理 原則3 方針2-①②③④  
注1 方針2-②  
手数料の明確化 原則4 方針3  
重要な情報の分かり
やすい提供
原則5 方針4-①②③④  
注1 方針4-①④
方針2-③
 
注2 非該当 パッケージとして販売・推奨等する商品の取扱いはありません
注3 方針4-②④  
注4 方針4-①②③④
方針5-②
 
注5 方針4-①②③  
顧客にふさわしい
サービスの提供
原則6 方針5-①②③  
注1 方針5-②③④⑤  
注2 非該当 パッケージとして販売・推奨等する商品の取扱いはありません
注3 非該当 保険代理店として金融商品の組成に携わる事はありません
注4 方針5-②
方針4-④
 
注5 方針5-①
方針6-④⑤
 
従業員に対する適切な
動機づけの枠組み等
原則7 方針6本文
および②③④⑤⑥
 
注1 方針6本文
および①